小型カメラ用語集

●レンズ品質
720Pや1080Pというのは、HD規格の一つで垂直方向の画素数をあらわしており、1080Pだと1920x1080ピクセルで動画を撮影できるということになります。数字が大きいほど高画質で撮影できるレンズということになります。
●動画圧縮方式
H.264やM-JPEGというのは動画の圧縮形式の名称です。
●フレームレート
フレームレートが20FPSや30FPSというのは、1秒間のコマ数を表しています。30FPSだと1秒間の動画を30枚の画像で表現しているということになり、数字が大きいほど滑らかな動画になります。
●動体検知機能
カメラが被写体の動きを察知して自動で録画を開始する機能です。動きのある時だけ録画するので、無駄なバッテリーの消費をおさえて長時間録画ができます。
●音感検知機能
カメラが音声・物音に反応して撮影を開始する機能です。
●暗視補正機能
少ない光でも明るく補正して撮影する機能です。
●赤外線撮影機能
赤外線を照射して暗闇でも撮影が出来る機能です。
●遠隔操作機能
カメラから離れた場所でリモコンで遠隔操作ができます。
●上書き録画機能
SDカードがいっぱいになっても古いデータから順番に上書きして録画する機能です。
●バイブレーション機能
カメラの性質上、外観からカメラの状態がわかりにくいので、ボタンを押した時などにバイブレーションでお知らせする機能です。