盗撮されないために

まず、盗撮者の標的とならないために盗撮されにくい服装をすることを心掛けましょう。大きく胸元のあいた服や丈の短いスカートなどは盗撮者の格好の標的となりますのでなるべく避けた方がいいでしょう。
外出時に盗撮されることが多い事例は、エスカレーターに乗っている時、階段を上っている時、書店で立ち読みしている時、階段やベンチに座っている時、電車内で座っている時など様々ですが、こういった場面を盗撮者は狙っています。
自宅などで盗撮される場合は、時計やコンセント、充電器、電球、火災報知機などに巧妙にカモフラージュされて盗撮用カメラが仕掛けられています。
そんな盗撮用カメラによる盗撮を未然に防ぐための盗聴・盗撮カメラ発見器も市販されています。