盗撮厳禁

携帯電話やスマートフォンでは盗撮防止のため、ムービーや写真を撮る時にシャッター音がするようになっていますが、小型カメラ(隠しカメラ)の多くでは、携帯電話やスマートフォンで撮影する時のようなシャッター音が鳴りません。使われる方のモラルが問われます。
実際にエスカレーターで女性のスカートの中を盗撮したり、靴に小型カメラを仕込んでコンビニで女子高生のスカートの中を盗撮したり、女子トイレにフック型カメラを設置し盗撮したりして迷惑行為防止条例違反で逮捕されている人たちがいます。
盗撮行為は犯罪です、決して盗撮しないでください。逮捕されたら人生終わりです。(例)東京都では1年以下の懲役又は100万円以下の罰金等が科せられます。